2022
10/03
Mon

我が家の可愛いペットシリーズ⑧

こんにちは!医療秘書のケイコです。
季節になりました。

 

我が家の可愛いペットシリーズ第8回目です。
最近の紹介では犬猫ちゃんが多かったのですが、今回は珍しいペットです。
当院スタッフの飼っているライギョのライさんをご紹介します。

性別は不明で飼育歴は7年目。麻機遊水池でのガサガサで捕獲した時には10㎝ほどでどじょうかと思ったそうです。そんな小さな稚魚も今では48㎝の大きさになりました。体はニシキヘビのような模様をしていて、スネークヘッド(Snake head)とも呼ばれています。エラ呼吸に加えて空気呼吸を行い酸欠に強いのが特徴です。


特技は撫でられても怒らないところ。手を水で冷やしてからタッチするのがポイントです。
そんなライさんの一番かわいらしい所は、普段は水槽の底にいるのに、スタッフが近くにいることに気づくと浮上してくるそうです。
生餌しか食べないので、魚やザリガニを麻機遊水池で調達して、1~2週に1回与えているそうです。

 

※写真は水替え時に発泡スチロール容器内で撮影。少し痩せてきたので餌を増やす予定。

【ライギョ】
スズキ目タイワンドジョウ科に属する淡水魚。長細く筒状の体型と大きな口の中に並ぶ鋭い歯が特徴です。体内に上鰓器官と呼ばれる粘膜のひだを使って空気呼吸をする魚で、えらは主に二酸化炭素の排出に使われています。生息地は流れの緩やかな河川や水草などに隠れ家多い環境を好み日本では全国各地に分布しています。

2022
09/30
Fri

断水!

こんにちは!医療秘書のケイコです。(病院長のインタビューをもとにしました)

 

9月24日の台風15号による大雨は清水区全体の8割の家庭に断水という大きな被害を与えました。
清水病院は9月30日現在も断水が続いています。

 

さっそく災害対策本部がたちあがりました。

病院長の指示で院内の節水がはじまりました。

全国各地からお見舞いの飲料水が大量に届いています。
ありがとうございます!

 

昼夜を問わず消防局、航空自衛隊による給水作業がつづいています。

 

そんな中、福島県相馬市から3トンの給水車の貸与を受けました。


早速、病院事業管理室のメンバー、DMATが病院の給水と地域のクリニックの給水に入りました。
どの場所に行っても皆さんから感謝の言葉をいただき私たちの気持ちも前向きになりました。

病院内ではまだ様々な制限が続いていますが病院スタッフが一丸となって難題の解決に取り組んでいます。

病院が一日も早く日常にもどれるように祈っています。

2022
09/21
Wed

脳トレーニング

こんにちは、医療秘書のケイコです。

敬老の日を迎え、脳の健康のため、脳トレーニングを始めました。
気合十分、8冊購入(*’▽’)


さて、どれから始めようか迷いに迷って、1週間。
とりあえず、「えんぴつ書写」と「おもしろ算数」を始めました。

「えんぴつ書写」は、「なぞり書き」の作業です。この「なぞり書き」は、脳の前頭前野の活性化に高い効果があるようです。
脳が元気な朝に、百人一首を一首ずつなぞって書きます。百人一首を味わいながら丁寧に字を書いていきます。時間は数分で終了。

同じく、前頭前野を鍛える「おもしろ算数」を2ページ。

「2つの数の計算」「穴あき計算」「魔法陣」などいろいろな問題に取り組めます。集中が切れると、単純なミスが発生。なかなか満点になりません。

前頭前野は、思考、言葉でのコミュニケーション、感情コントロール、意思決定、情動の抑制など、人間らしい生活に欠かせない役割があるようです。ここを鍛えて、人生を楽しみたいと思います。
三日坊主で終わらないよう頑張ります(^^)/

2022
09/13
Tue

敬老の日

こんにちは、医療秘書のケイコです。

9月の第3月曜日は「敬老の日」です。
今年は9月19日(月)がその日にあたります。
なぜ、この時期に「敬老の日」があるのか、みなさんご存知ですか?
知らない方もいらっしゃると思うので、今回は「敬老の日」の由来について調べてみました。

昭和22年(1947年)に兵庫県多可群野間谷村(現在の多可町)の村長さんが「老人を大切にし、お年寄りの知恵を借りて村づくりをしよう」と農閉期にあたり気候も良い、9月15日を「としよりの日」に提唱したのが、「敬老の日」の始まりだそうです。

やがて全国に広がり、昭和39年(1964年)に「老人の日」と改称されて、昭和41年(1966年)に国民の日の祝日として「敬老の日」となりました。

他にも「敬老の日」が9月15日となった説があります。

① 聖徳太子が悲田院(ひでいん)を建立した日
② 元正天皇が717年9月15日に養老の滝へ御幸し、同年に年号を「養老」と改元、全国の高齢者に贈り物をした日

いずれにしても、お年寄りを大切に敬う心が「敬老の日」の起源となっているようですね(^^)

当初は9月15日が「敬老の日」と定められていましたが、ハッピーマンデー制度が導入され、平成15年(2003年)から9月の第3月曜日が「敬老の日」となったのですが、反対の声も多かったようで、もともと敬老の日があった9月15日を「老人の日」と新たに制定し、9月15日~21日までの1週間を「老人週間」として老人福祉法が改正されたそうです。

みなさんも、家族や身近なお年寄りに感謝の気持ちを伝え、「敬老の日」をお祝いしましょう。

2022
09/06
Tue

ほったらかし温泉

こんにちは、医療秘書のケイコです。
日中はまだまだ暑いですが、その暑さもほんの少し和らいで、朝夕は涼しくなり秋が近づいている気配を感じます。

 

中部横断道路も開通し、ちょっと足を伸ばして山梨まで行って来ました(^^)/


残念ながら信玄餅の詰め放題の整理券は獲得できず…でしたが、美味しい信玄餅アイスや、ほうとうを堪能して、ほったらかし温泉に浸かって山の景色を堪能してきました。

日帰りですが、久しぶりの遠出気分を味わえて、ゆったり気分でリフレッシュできました(*’▽’)

まだまだコロナ感染者数が多く、「普通」が普通でない日々ですが、少しづつ旅行や、外食ができる「普通」が戻りつつあるのかなぁ…だといいなぁと思う一日でした。

2022
08/29
Mon

庭の蝉たち

こんにちは、秘書室のケイコです。

立秋も過ぎても真夏日が続いています。みなさんもいかがお過ごしでしょうか。
今年の夏も蝉の声が響き渡りましたね。ミーンミンミンとかシャーシャーシャーとかが入り混じったあの暑苦しい大合唱は、日本の夏の象徴です。

さて先日のことですが、例年より自宅の木々に蝉の抜殻が沢山あることに気づきました(*’▽’)

蝉は木の皮に産卵し、翌年にふ化した幼虫は土の中にもぐります。そこから長い間ゆっくり成長しある日、地上に這い出てきて、一夜にして姿を変えます。成虫になった蝉たちは、大音響を発しては空を飛び回る、夏の主役となります。色々な場所を飛び回って冒険をしてほしいです。

幼虫の抜け殻は、長い時は半年以上も枝や葉にしがみついて、その存在感を放っております。
雨の時も風が強く吹いてもずっとしがみついています。
木の枝や葉に残された抜殻を眺めながら、私はその力強さに圧倒されました。
来年は夜中に幼虫から羽化し旅立つ蝉を見送りたいです(#^^#)

未だにCOVID-19が猛威を振るっています。みなさんも気を付けてくださいね!

2022
08/22
Mon

美味しいタルト

こんにちは、医療秘書のケイコです。
まだまだ暑い日が続ていいるものの、夜になると秋の虫の声が聞こえるようになってきました。

 

今日は大好きなスイーツをご紹介します。
静岡発祥の美味しいタルトです。
イベント時期はもとより、何もない疲れた時でも自分へのご褒美として頂いております!

↑こちらは1日限定のケーキです。
これからが旬のいちじくのタルトは、チョコレートベースで作られていて、とっても甘く甘党の方にはおすすめです。

 

シャインマスカットのタルトは老若男女問わず人気です。

 

レモンのタルトは、酸味とちょっぴり感じる苦みが絶妙です。
今は↑これと同じものは販売しておらず、別のレモンタルトがありますよ。

 

定番のイチゴのタルトは間違いない美味しさです(#^^#)
悩んだときはとりあえずこちらを買っちゃいます・・・

 

現在狙っているのは桃のタルトとオレンジのタルトです!

なかなか時間が取れず購入できていないのですが、ぜひ販番終了前に行きたいと思っています(*^^*)

2022
08/16
Tue

日本平ハイキングコース

こんにちは 医療秘書のケイコです。
新型コロナ第7波による感染急拡大が続いておりますが、休みも閉鎖的な環境に閉じこもる日々でみなさん、季節感を失っていませんか?
8月11日は山の日(山の恩恵に感謝する日)という事で、心身の息抜きも兼ね思い切り外の空気を吸いたく日本平ハイキングコースを歩き自然を満喫してきました。

日本平運動公園駐車場をスタートし、旧道から日本平山頂を目指しました。山頂までの長い坂では、マラソンランナーやロードサイクリスト達が笑顔で挨拶をしてくれました。
40分ほどで日本平山頂に・・・


富士山が見えなかったのは残念でしたが・・・
日本平山頂からは平澤観音を目指し下ります。ところどころに登りがありますが長い階段も段差がないのが救いでした。


途中、立山アルペンルート(雪の大谷)のような土の壁を下り、1時間ほどで平澤観音(へいたくじ)に到着・・・


復路は来た道を日本平山頂までもどり、宮加三ハイキングコースを下山


途中、トトロの森のトンネルを抜けると清水港を見下ろす絶景が・・・
いつ見ても雄大


往復4時間で無事ゴール‼
たまには外に出て心地よい自然と触れ合う事も大事ですね‼
みなさんも、家族や気心知れたお友達とリフレッシュしに出かけてみては♪

2022
08/10
Wed

近所の天然記念物をさがす①

こんにちは!医療秘書のケイコです。
暑い日が続いています、熱中症には注意したいです。

 

突然ですが天然記念物って近所にありますか?
と、その前に・・・天然記念物ってなんでしょうか。調べてみました。
【天然記念物とは、「文化財保護法」では「動物、植物及び地質鉱物で我が国にとって学術上価値の高いもの」のうち、重要なものとされています。(文化庁HPより引用)】

 

近所の神社に「清水市指定文化財の天然記念物大クス」と看板を見つけました。

子供の頃からこの神社で遊んでいて、この大きな木になじみもありましたが天然記念物とは知りませんでした。天然記念物は全国にたくさんあるようですが、こんなにも近所に価値のある重要な植物があるのは嬉しいですね。(※清水市となっていたので現在静岡市での登録がどうなっているのかわかりません。)

清水区に他にも天然記念物はあるようなのでまた探したいと思います。

2022
07/20
Wed

日本平まつり

こんにちは 医療秘書のケイコです。

新型コロナウイルス感染は終息の気配すらない状況です。
現在は国からの行動制限もなく今年の夏はいろいろなイベントが再開されていますね。

清水病院の近くにある日本平でも今年は3年ぶりに花火大会が開催される予定です(#^^#)
この花火大会は「日本平まつり」と呼ばれ日本平ホテルが主催しています。

12,000発の大小さまざまな花火がテーマに沿って打ち上げられます。
多くの花火大会が土日に開催されるなか水曜日開催というのも特徴のひとつです。
仕事終わりにふらっと立ち寄れるイベントです。もちろん無料です。

日本平ホテル前の広大な芝生に寝そべって空を見上げる経験、ほぼ真上にあがる花火は今まで見てきた花火とは全く違う印象があります。首も痛くなりません。風向きによっては火の粉がまってくることもあり迫力満点です。打ち上げの時の下腹に響く一体感のある経験はここでしか味わえません。

先日、下見を兼ねて会場にいってみました。
平日の午前中でしたので「プライベートガーデン」になっていました。

きれいに手入れされた芝生を歩くだけでこころが安らぎました。
日本平ホテルは洗練されたデザインの素敵なホテルです。
花火大会当日はこのホテルは満室なんでしょうね。

数年前に中止になってしまった「日本平マラソン」ではこの芝生の間の道がコースになっておりここから見る清水港と富士山見たさに多くのランナーが参加していました。私も関門と闘いながら走っていました 懐かしいです。

芝生の隅の方に「日本平東照宮」がありました。近くの久能山東照宮から分祀されたようです。ひっそりしたたたずまいの中にも威厳のようなものを感じました。

当日は多くの人の(抑え気味ですが)歓声のなか大小さまざまな花火が打ちあがることを想像するとワクワクします。あとは天気だけですがこれは「日本平東照宮」でお祈りしておきました。

コロナ禍のイベントですがしっかり感染対策もされているようですので安心して参加できると思いました。

ブログについて

静岡市立清水病院の医療秘書、私ケイコが清水病院の日常と、研修医のみなさんの様子などをお伝えするブログです。

最近の記事

過去の記事