2016年 11月 の記事一覧
2016
11/29
Tue

メディカルシミュレーション・メディアセンター(MSMC)完成!

こんにちは。医療秘書のケイコです。

ついにメディカルシミュレーション・メディアセンター(MSMC)が完成しました(^^)/

この施設は院内の職員のシミュレーション教育、院内向けのメディアを作成する場所です。

16.11.28

IMG_0756

プロジェクターを3台備え、同時映写や個別映写に対応します。

ネット環境を備えていますのでネットカンファレンスも可能です。

また学会の予演会、各科の勉強会、シミュレーション研修にも対応します。

IMG_0893

机付きのおしゃれな椅子が10脚ありますがほかの椅子も追加すれば最大20名まで同時使用が可能です。

IMG_0774

ケイコはMSMCの業務管理をまかされています。すでにいろいろな部門から予約が入っています。いろいろな設備がそろっているのでとても使いやすそうです。

夜、この部屋を暗くしてこっそり映画を上映したら雰囲気がいい映画館になりそうだなと

ケイコはいけないことを考えてしまいました(^-^;

2016
11/22
Tue

エマルゴ

こんにちは!医療秘書のケイコです。

一昨日の静岡市はとても暖かく、最高気温22℃と10月上旬並みの気温となりました!

私は静岡名物の安倍川餅で有名な安倍川の河川敷から、雪をかぶった富士山を眺めていました。山の木々が色を染め、格別の景色となっていました(^^♪

さて、先日清水病院で、県のDMAT(災害派遣医療チーム)インストラクター6名を講師に招き、約80名の職員参加による「エマルゴ」訓練を実施しました。「エマルゴ」とはスウェーデンで開発された「机上災害訓練」のことで、災害現場~病院までの災害医療に関する様々な訓練を一部屋でコンパクトに行うことができるそうです。

IMG_0823

インストラクターの方がシチュエーションを想定し指示を出していきます。

1122

IMG_0833

↓災害を想定した記者会見も行いました(^-^;

IMG_0884

清水病院では今後もこのような訓練の質の向上により、確実でさらに迅速な災害時救護が行えるよう努めてまいります。

私自身、これを機に自宅の防災グッズの見直しをしようと家族で話しました(^◇^)

みなさまもぜひ、点検してみてくださいね(#^^#)

それではまた・・・・♪

2016
11/14
Mon

看護部講演会

こんにちは!医療秘書のケイコです。

先日、看護部講演会が開催されました(^◇^)

講師は、飛騨千光寺 住職 大下大圓 先生です。

IMG_0736

IMG_0745

忙しい勤務の中、沢山の看護師さんが参加してくれました。

IMG_0728

参加した看護師さんからは

「実際の事例の話では涙が出た。」

「自分自身のケアも必要だ。」

「瞑想を実際やって気持ちが楽になった。」

などの声が聞かれました。

今一度、看護師としての自分を見つめなおすきっかけになったようです。人を看護することは本当に大変なことなんですね^-^

90分ほどの講演でしたが、最後まで引き込まれるようなとても興味深い講演でした。

看護師の皆さん、いつもありがとうございます<(_ _)>

2016
11/07
Mon

学術研究発表会

こんにちは、秘書室のケイコです。

皆さんお元気ですか?今年もあと二ヶ月!朝、夜と本当に寒くなりましたが風邪などに罹患しないでくださいね。私は元気に仕事をしています!!(^^)!

この間、ふと病院から廻りを見回してみると目の前に見えたのがうっすら冬化粧した富士山でした。これからは空気も澄んで、清水からは富士山が綺麗に見える季節になります。皆さんも清水へ観光に来ていただき、雄大な富士山に感動してくださいね。

 

さて今日は当院で行われる「学術研究発表会」のご紹介です。

当院では学術委員会が主催し、職員が研究したテーマを発表することで、医療の質・安全の向上に向けての取り組み、院内職員の知識の修得と、各所属部署での実践に役立てることを目的に毎年開催されています。

各職種の職員が研究を行い、専門的な症例・研究は避け、全職員が理解できる内容で発表を行っております。今年も8演題もエントリーしてくださいました。

16.11.1401

16.11.1402

院内施設(講堂)も充実しています。

16.11.1403

演題により離席は自由ですが、皆さん最後まで視聴しています。

 

今年のエントリーした演題です!

(1)治験とは(治験管理室)

(2)血液培養陽性、大腸がん発見・・・ほんと?(検査技術科 細菌検査室)

(3)2016/08/06大規模地震時医療活動訓練のまとめ (DMAT)

(4)院内救急蘇生講習に災害トリアージ研修を取り入れた効果(救急センター)

(5)MRIの吸着事故を防止しよう!(放射線技術科)

(6)外来通院で放射線治療を受ける患者の継続看護をするために(看護部)

(7)挿管チューブ内痰貯留の実際と人工呼吸器ウィーニングプロトコルの活用(集中治療室)

(8)看護・介護者にとっての移動用リフトの効用【第2報】(リハビリテーション技術科)

 

皆さま、ご協力ありがとうございました<(_ _)>

2016
11/01
Tue

清水病院もハロウィーン♪

こんにちは、医療秘書のケイコです。

季節も秋から冬に変わりつつあります。

10月26日には、富士山の初冠雪の便りが届きました(^_-)-☆

16.11.1

昨年より15日遅い観測で、これまでの最晩記録(1956年10月26日)と並んだそうです。

 

さて、10月31日はハロウィーンでしたが、東京渋谷の街も思い思いの仮装をした大勢の人が集まり、お祭り騒ぎに・・・(^-^;

当院でも、院内のいろいろなところにハロウィーンの飾りつけがされていました。

16.11.103

16.11.104

また、院内保育園の子供たちがカボチャやお化けにふんし、遊びに来てくれました(#^^#)

16.11.102

「かわいい」子供たちを見ているだけでみんな笑顔になりました。

16.11.101

子供たちは、いっぱいのお菓子をもらい大喜びでした。

また来年かわいい笑顔を見せに来てね♪