2019
09/03
Tue

令和元年度 清水病院防災訓練

こんにちは、医療秘書のケイコです。

朝晩が随分涼しくなり過ごしやすくなってきて
秋の虫の声も聞こえる季節になりましたね(#^^#)

 

8月30日(金)午前9時より、清水病院防災訓練を行いました。
震度6弱から震度7を想定しての訓練となりました。

館内に放送が流れ、病院職員はもちろん外来患者さんや入院患者さんにも参加していただきました。

地震発生から1~2分以内で避難行動、15分以内で災害対策本部立ち上げと素早い招集となりました。

対策本部では、災害対策本部員8名・防災対策委員11名・DMAT隊員12名・各所属長21名・各所属の担当員25名・外来エリアの担当8名の計65名の人員で構成され実際を想定し緊迫したムードとなりました。

静岡県は昔から地震の発生しやすい土地といわれてきましたが、1854年の安政東海地震以降、大きな地震はまだ発生しておりません。
日々の積み重ねがいざというときの糧になると思います。

地区での防災訓練にも参加し、いつきてもおかしくない時に備えておきたいと思います(^^ゞ