2019
12/24
Tue

小児科教授の講演会

こんにちは医療秘書のケイコです。

今年も最後のつぶやきになりました。皆さんにとって今年はどんな1年でしたか?
私はさまざまな新しいことを勉強した1年間でした。
病院では多くの先生をお招きして講演会を開催しています。医療秘書も毎回参加が
義務付けられています。その中でも今年は1度だけ病院を出て院外の講演会に参加しましたのでその様子をお伝えします。

慶應義塾大学の高橋孝雄小児科教授の講演会が11月21日に清水テルサでありました。
講演のタイトルは「子育てに手遅れはない~最高の子育て~」で独身の子育て未経験の私にとって将来に役に立ちそうな内容でした。

高橋先生は昨年「小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て」という著書を執筆されておりアマゾンなどで高評価をもらっています。

テレビやラジオにも出演し小児科医目線の独自の子育て論をお持ちの先生です。
私も講演前に本を購入し予習をしておきました。

今回は保育士さん、保健師さん、子どもに関わる行政の人たちが対象の講演会でした。会場はほぼ満員でした。


教授というと難しい話をされるのかと思いましたが、ウイットの富んだ内容で講演の最初から会場に笑いが広がり楽しく聞くことができました。思わず話に引き込まれてしまいあっという間の1時間でした。小児科医は代弁者であり、傾聴力、目配り力などの情報を集める力と説得力という子どもや家族を納得させる力が必要であること。すべてのおとなは代弁者として「子供に寄り添う優しさ」、「こどもを納得させる強さ」が大切であることをお話しされました。

来年7月に今度は市民の皆さんに向けて講演会が開催される予定ということでした。

ケイコも来年は一緒に「子育て」をしてくれる人に出会えるようにがんばります(#^^#)